鳥ぎんのこだわり

鳥ぎんの歴史

ぎん本店は、戦後間もなく、銀座に創業いたしました。

外観

戦後間もなくの銀座は、復興を目指しており、厳しい中にも活気があふれておりました。そんな戦後の動乱期に、鳥ぎんは木造店舗で、最初の一歩を踏みだしました。

鳥ぎんは創業以来「釜めし」「焼とり」を提供しておりますが、当時の銀座には釜めしを提供しているお店はまだ無く、鳥ぎん本店がはじめて「釜めし」を常設メニューとして提供させていただきました。鶏肉入りの五目釜めし、また焼とり屋が釜めしを一緒に提供するといったイメージは、こういった創業以来の鳥ぎんに拠る所があるのではと自負しております。 また、当時は、食事ができお酒も嗜めるというお店は比較的少なく、「釜めし」「焼とり」の提供が、この両方を満たしていたため、家族連れや女性だけのお客様なども含め、幅広い方にご利用いただくことが出来ました。

この「釜めし」と「焼とり」、そして厳然された素材とこだわりの調理方法が多くのお客様にご支持いただき、支店を増やしていく原動力になりました。現在は、全国に支店が10店舗ございます。昔からのご贔屓様も含め、お客様が支持してくださる味を大切に、また、幅広い様々な層のお客様がご来店してくださる事を感謝・励みにし、私どもも日夜精進いたしてまいります。

こだわり

業当初より、最高級和歌山紀州産馬目樫備長炭を使用しております。

串

茨城産の肉を部位ごとに使い分け、秘伝のタレをつけ、備長炭独特の強力な火力でこの道20年のベテランが肉を一気に焼き上げますので、表面はしっかりと焼けているのに中味はジューシーに仕上げ、肉のおいしさを逃がしません。また、一気に焼き上げることで、タンパク質の分解を防ぎ、 鶏肉を美味しくするためのアミノ酸を形成します。

鶏肉は、消化吸収がよく、高たんぱく、低脂肪、低カロリーなヘルシー食品です。また、牛肉や豚肉の数倍ものビタミンAを含んでいます。ビタミンAは美肌を作るはたらき(肌のツヤとハリを保つ)も含んでおり、美容にもぴったりでございます。


客様にご注文をいただいてから、釜めしを炊きはじめます。

釜

そのため15分ほどお時間をいただきますが、専用釜で最高の炊き上がりを実現した、ふっくらとした美味しい釜めしをご賞味いただけます。更に、釜めしをおいしく召し上がっていただく秘訣と致しましては、釜めしをご提供後、一呼吸おいてから(少し待っていただくと、程よくむらされます)食べていただければ、よりおいしく召し上がれます。

素材は、米はもちろんのこと、ダシに強いこだわりをもっております。味のベースは、混布とけずりぶしですが、最高級の混布を使い、毎日たっぷりと時間をかけ、その日毎にダシをとっています。独得の調理器具と調理方法が生み出すおいしさ・味わいは、家庭ではなかなか再現できないものですので、是非一度ご賞味いただければと思います。

季節のアレンジ

季折々の花が楽しめます。

ご来店いただいた皆様がホッとできる空間を演出する事を心掛けています。

このページトップへ戻る